夏風 矢沢洋子 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

夏風  ♪  矢沢洋子
作詞 : 矢沢洋子
作曲 : 伊橋成哉

ねえ憎らしい日差しには
想像を超えた何かがある
いつか溶けて無くなりそうな
そんな無意味な妄想して

ヒラヒラ揺れるリボンをつけた少女は
向日葵畑の中を駆け出して小さく手招きした

真夏の恋に誘われた僕を
焦げ付いた肌が不思議と癒す
言葉にすれば大切なモノを
見失いそうでただ怖かった

影が薄れゆく夕暮れで
夢中にじゃれた幼き日々
水性絵の具で彩られた
夏の思い出昨日のまま

キラキラ光る水辺ではしゃぐ少女は
ゆらゆら足を踏みしめ
大きめの下駄を鳴らして祭りの音に耳を澄ます

真夏の恋に誘われた僕も
今では古いアルバムの中
言葉にすれば大切なキミを
見失いそうでただ怖かった


ミニ情報
「TVタックル」エンディングテーマ
アルバム「Give Me!!!」収録曲
矢沢洋子の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
矢沢洋子「夏風」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ