流星〜いにしえの夜空へ〜 - 里見浩太朗の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

流星〜いにしえの夜空へ〜  ♪  里見浩太朗
作詞 : 荒木とよひさ
作曲 : 弦哲也

生きてきた証(あか)しを 誰かに語るより
我が懐(むね)に問いかけて 酒を酌(く)むがいい
残り火の生命(いのち)が 燃え尽き消えるなら
それも良し 逝(ゆ)くも良し 潔(いさぎよ)いならば
嗚呼…星よ散れ 静かなる男のままで
悠久の時の中の 夢を惜しむより
嗚呼…星よ散れ 悔いのない生涯(じんせい)ならば
春浅き 夜明け前の それも流れ星

寂しさに背をむけ 何かを悟るより
老いてゆく楽しさを そばに置くがいい
愛おしき彼(か)の女(ひと) 手枕にするのなら
それも良し 抱くも良し 秘め事であれば
嗚呼…星よ散れ 静かなる男のままで
移りゆく花の彩(いろ)に 慕(おも)い残すより
嗚呼…星よ散れ ひと糸(すじ)の尾を引きながら
秋深き 西の夜空(そら)へ それも流れ星
また一(ひと)つ 西の夜空へ それも流れ星


里見浩太朗の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
流星〜いにしえの夜空へ〜/里見浩太朗の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ