秋櫻の頃 - あさみちゆきの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

秋櫻の頃-あさみちゆき
Jword あさみちゆき
公式サイト
秋櫻の頃  ♪  あさみちゆき
作詞 : 高田ひろお
作曲 : 杉本眞人

いくつかの 盆が過ぎ
いくつかの 齢を取る
秋の日和の 陽だまりのなかを
亡き父は 縁側に
いつも湯呑みを 置いていた

コスモスが 咲いている
風がきて 揺れている
そんな風情に 目を細めながら
一服の 茶を啜る
静けさ好む 父でした

取り越し苦労を してきたような
父の目元の 笑い皺
過ぎた昔を 懐かしむように
湯呑みを包む 父の手を
おもいだします 今も 今も…

こつこつと 働いて
愚痴さえも こぼさずに
妻を愛して 子どもを愛して
ささやかな 人生を
ひたむきに生きた 父だけど

手にとれば 重たくて
古びてる 欠けている
茶渋のついた 湯呑み茶碗に
亡き父は 何を思い
何を語って いたのでしょう

取り越し苦労を してきたような
父の目元の 笑い皺
揺れるコスモス 慈(いつく)しむような
静かな父の まなざしを
おもいだします 今も 今も…

取り越し苦労を してきたような
父の目元の 笑い皺
過ぎた昔を 懐かしむように
湯呑みを包む 父の手を
おもいだします 今も 今も…


あさみちゆきの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
月猫
昭和純情歌
再会・トワイライト
青春の忘れもの〜デュエットバージョン〜
まつり(祭)
旅行者〜行ってらっしゃい〜
悲しい場所
本牧時代
蓄音機
木枯らし一号
秋櫻の頃/あさみちゆきの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ