夏祭り - azusaの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

azusa
公式サイト
夏祭り  ♪  azusa
作詞 : azusa
作曲 : azusa

遠く浮かぶ 幽玄の月 丘の上へ続く坂道
浴衣姿 慣れない足取り 歩幅合わせ歩いてゆこう

ぬるい風が 額を湿らせて
君の頭上 夜空に咲く花 抱きしめたい

夏祭り 君はただ 夜空を見つめるばかり
かき消されてく声を 届けたくて近づいた
耳元でたったひとこと 言いたかった 「傍にいて...」

夢を乗せて まわるメリーゴーランド また来ようねって約束して
八景島 人の群れが過ぎ去った後 ゆっくり帰ろう

人も減った 丘の上寝転んで
見上げた星達 手が届きそうな程 眩しい

夏祭り 君はただ 夜空を見つめるばかり
そっと手をつないだら 笑ってくれるだろうか
ああサヨナラの前に一言 言いたかった 「傍にいて...」

いつか...
夏祭り 君は僕だけを 見てくれるだろうか
かき消されてく声を 届けたくて近づいた
耳元でたったひとこと 言いたかった 「傍にいて...」

夜空に消えた 夏の花火


ミニ情報
アルバム「azusa」収録曲
azusaの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
夏祭り/azusaの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ