悲しみシャワー - 堂珍嘉邦(CHEMISTRY)の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

悲しみシャワー  ♪  堂珍嘉邦(CHEMISTRY)
作詞 : 堂珍嘉邦・百田留衣
作曲 : 百田留衣

曖昧な言葉で いつだって 臆病もので
大切なこと言えないや

最終バス乗り込んで 手を振るキミがいて
どうしようもないくらいに 泣いた

明日はきっと すばらしいって そんな歌があった
ほんの少し 口ずさんで 信じてみようか
キミの手ぎゅっと 繋ぎたいって 思えば思うほど
変わらない想い 飾らない笑顔

特別な思いも いつだって 猜疑心で
何一つも 伝えてないや

ショウウインドー写り込む 立ち止まるボクがいて
不感症な 感情をわらった

待つばかりじゃ つまらないって そんな歌があった
ほんの少し 上を向いて 歩いていこうか
ボクの手そっと 空にかざして 透かせば見えるもの
あの日の風の 変わらない匂い

明日はきっと すばらしいって そんな歌があった
ほんの少し 口ずさんで 信じてみようか
キミの手ぎゅっと 繋ぎたいって 思えば思うほど
変わらない想い 飾らない笑顔


ミニ情報
アルバム「Trinity」収録曲
堂珍嘉邦(CHEMISTRY)の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
悲しみシャワー/堂珍嘉邦(CHEMISTRY)の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ