きらきら AZUMA HITOMI 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

AZUMA HITOMI
公式サイト
きらきら  ♪  AZUMA HITOMI
作詞 : AZUMA HITOMI
作曲 : AZUMA HITOMI・細海魚

君は今 孤独の耳栓をしてふとんの模様をなぞってる
君は今 白い壁にくっついて闇をにらむ

敵はどこだ 君の中だ 固まった黒い お砂糖みたい

君と今 ガラス越しにきらめいた流れる星を待っている
君は言った ひんやりしたチョコレートかじりながら

仕方ないね 温めすぎて 溶けてしまう 消えてしまう

つないだ手はなすな
夜空を飛ぶスピードで
不安をふり落とす
あの雲の上まで

君は今 点と点を指差して大きな模様を描き出す
君と今 言葉なんて放っといて結び合えば
灰になるの 散っていくの 瞬く間に 生まれている

つないだ手はなすな
もう少しだけ触れていたいな
悲しい予感も
ほら変えてあげるね

涙はもういらない 見せないよ

つないだ手はなすな
夜空を飛ぶスピードで
不安をふり落とす
さあどこまでも

やさしく抱きしめたら
濡れてるように冷たくて
つないだ手はなすな
まぶしい光のせいにして


ミニ情報
アルバム「フォトン」収録曲
AZUMA HITOMIの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
AZUMA HITOMI「きらきら」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ