seep - LONELY↑Dの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

seep  ♪  LONELY↑D
作詞 : カタオカセブン
作曲 : カタオカセブン

季節が変わるとき 繋いだ小さな手に
生まれた町を離れる事 君に言えたんだ

手を振る僕たちはさよならな訳じゃない
君も解ってくれたから僕は歩き出せた

夢を話せたとき 想いは溢れていて
ゆらりと風が僕の歌運んでいく
僕らの生まれた町にどうか届きますように
ふたりの歌をこれからも歌っていく

君の知らない場所で 君の知る夢を追いかけている
そんな日々に落ち込んでしまう日もあるけれど

君の自慢になりたかったから
誰もいない場所で今 君を傍に感じながら

君の好きな歌を今日だって歌うけれど
ふたりの記憶 思い出し辛くなる
どれほどの時間が僕らに流れたとしても
相変わらず大切なもの それは君の事だよ

夢を話せたとき 僕は僕になれた
ゆらりと風が僕の歌運んでいく
僕らの生まれた町にどうか届きますように
ふたりの歌を君だけに歌えたら

ふたり繋いだ手をもう二度と離さない


ミニ情報
「浜ちゃんが!」エンディングテーマ
アルバム「the Rainbow」収録曲
LONELY↑Dの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
seep/LONELY↑Dの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ