遠い花火 城之内早苗 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

城之内早苗
公式サイト
遠い花火  ♪  城之内早苗
作詞 : 喜多條忠
作曲 : 田尾将実

ひとり暮らしの東京に
花火のはじける音がする
窓をあければ夏夜空
遠い花火がありました
あれは十九の頃でした
故郷秋田は大曲
夜空焦がして打ち上がる
恋の花火がありました

お前が好きとささやいて
そっと肩抱く人でした
ままごとみたいな暮らしでも
あなたのそばで幸せでした

今も花火を見るたびに
あなたの笑顔を想います
夢を夜空にひろげては
子供みたいにはしゃぐ人
たった一度の人生で
出会える恋は少なくて
まして別れたそのあとも
想い出す人少なくて

どんな暮らしをしてますか
今もわたしが好きですか
離しはしないと言ったこと
あなたはきっと忘れてる

遠い花火を見るたびに
遠い想い出はじけます
若いということそれだけで
はじけた恋がありました


城之内早苗の新着歌詞を見る⇒
城之内早苗の人気歌詞を見る⇒
城之内早苗「遠い花火」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
この歌詞をスマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ