2センチのテレビ塔 南波志帆 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

南波志帆
公式サイト
2センチのテレビ塔  ♪  南波志帆
作詞 : 土岐麻子
作曲 : 奥田健介

夜が明けてしまう
占いの途中
星座達ももう見えない

窓の左に光る
2センチのタワーの
向こうに住む
きみを想って
手を振るわ

いつもその
気まぐれなふりの心
開く鍵が見つからない

明日
声を聴かせて
笑った顔を見せて
ねえ落ち着きのない
いつものあの仕草で

こわがらないで
その胸の孤独なら
そのままでいいから

そうそのままでいいから

誰にも優しいのは
心の奥で
誰にも期待してないから

おやすみのメールのあと
2センチのタワーの
点滅をきみに例えて
話してる

いつかその頑ななふりの心
溶かす魔法見つけたいの

明日
声を聴かせて
笑った顔を見せて
ねえ落ち着きのない
いつものあの仕草で

こわがらないで
不安でもおそれでも
すべて連れておいで

あかりの消えたタワーに
そっと誓った
きみを信じる
信じて

声を聴かせて
笑った顔を見せて
ねえ落ち着きのない
いつものあの仕草で

こわがらないで
不安でもおそれでも
隠してるつもりの孤独も
すべてそのままでいいから

そうそのままでいいから
そうそのままでいいから


ミニ情報
アルバム「水色ジェネレーション」収録曲
南波志帆の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
南波志帆「2センチのテレビ塔」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ