祭のあと ET-KING 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

ET-KING
公式サイト
祭のあと  ♪  ET-KING
作詞 : イトキン
作曲 : イトキン

<イトキン>
祭のあとの寂しさに 君は何を思う
嗚呼せつなくて恋しくて 僕は君を唄う

<TENN>
提灯の灯りが消えてしまえば
もう君に会えなくなってしまうのかな

<センコウ>
遠くに祭ばやしが聞こえた夕べ
君の黒い髪が夏の風にゆれてた

<BUCCI>
ぬぎすてて並べた 青と桃色のサンダル
川辺に腰かけて 二人夜空見上げた

<KLUTCH>
最後の花火が消えて なくなる前に
この気持ちの全部 渡せたらよかった

<イトキン>
どうしたら 君を忘れてしまえるでしょうか
何度も何度も浮かんでは 消してみるのに

祭のあとの寂しさに 君は何を思う
ただせつなくて恋しくて 僕は君を想う
好きな人を好きと言える それだけの幸せ
あの日の君はもういない 遠い夏の思い出

嗚呼悲しくて恋しくて 僕は君を唄う
今年もまた次の年も 君に届くように

ラララ…


ミニ情報
アルバム「応援歌集」収録曲
ET-KINGの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
ET-KING「祭のあと」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ