純夏 〜青春編〜 - エイジア エンジニアの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

純夏 〜青春編〜  ♪  エイジア エンジニア
作詞 : エイジア エンジニア
作曲 : エイジア エンジニア

夢のように過ぎた夏の日 思い出は空へ影送り
今はもう帰れない 通り過ぎてゆく秋風

Summer day of my life いつまでも My hometown
Summer day of my life いつまでも My hometown

辺り一面原っぱの真ん中 そぅいや 小さな池があって
ザリガニ釣って遊んだ学校の横を抜けて
上がる土手 ペダル休めて 耳すませ 聴く夏の声に混じって
体育館からボール弾むのとバスケットシューズ擦れる音
嗚呼 太陽の光受けて水面キラキラ
懐かしい校舎あとにしてふと目に入るの「わかくさ」
ピラミッドの上 部活帰りはしゃぐ学生
あの日 あの頃の自分と重ねる

中学に入ると始まったスラムダンク 花道に影響されて選択
バスケット部じゃベンチウォーマー 三年出番無しピンチヒッター
リンダリンダ聞いてこれでいいんだ 報われなくても青春だ
とか言ってた青臭い青二才 思い出すとほろ苦く照れくさい
生命の熱を帯びた季節は(まるで夏の夢おぼろげに過ぎた)
今より空が青く見えてた(可能性は無限大に思えた)
若かりし日々記憶のSummer days of my life
確かにここにいた 忘れないよMy hometown

夢のように過ぎた夏の日 思い出は空へ影送り
今はもう帰れない 通り過ぎてゆく秋風

クリームに彩られた清らかな新しい町が
緑と川の流れ育み 俺に与えし無償の安らぎ
煉瓦づくりのコミュニティ越えれば広がる「さざなみ」に
虫の調べ吹き抜ける風遠くで羽ばたくカモメの群れ
嗚呼 夕日浴びてさらに水面キラキラ
忘れかけてた気持ちと あとに残る寂しさ
マル裏の祭り 8月最初の日曜日
夜空に打ち上がるロケット花火

静まり返った櫓の上に登っちまう様な少年
でも半分大人の17 高2 そんなんじゃ当然童貞
見下ろす公園 ラベンダー色の浴衣のあの子に一目惚れ
視界も胸もキュンと狭くなり 声かけた夏の挑戦
それからコミカン前から二中の校庭横目に二人乗りのチャリこいで
8時25分の花火見ようと土手道を急いで海の方まで
若かりし日々記憶のSummer days of my life
あの眩しい花火 照らされた笑顔はずっとこの胸の奥に

夢のように過ぎた夏の日 思い出は空へ影送り
今はもう帰れない 通り過ぎてゆく秋風

Summer day of my life いつまでも My hometown
Summer day of my life いつまでも My hometown

紅く染まるこの空には白く一番星輝いて
あの頃の僕らは全てをこの手に掴める気がした
麗しき懐かしきSummer day of my life
夏の夢は今も覚めず僕の心に光を灯してる

夢のように過ぎた夏の日 思い出は空へ影送り
今はもう帰れない 通り過ぎてゆく秋風

砂場になった忍者公園跡 なくなった箱ブランコ
町を出て行ったあいつあの子 昔なんだったっけこの場所
変わっていく町に夕陽 変わらない思い出は永久に
遊び疲れた子供達に 重ねたあの夏の景色

Summer day of my life いつまでも My hometown
Summer day of my life いつまでも My hometown

Summer day of my life いつまでも My hometown
Summer day of my life いつまでも My hometown


ミニ情報
「ナイツのHIT商品会議室」7月度 Monthly Recommend
アルバム「あいかわらず 愛かわらず」収録曲
エイジア エンジニアの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
純夏 〜青春編〜/エイジア エンジニアの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ