光 - School Food Punishmentの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

光-School Food Punishment
Jword School Food Punishment
公式サイト

 ♪ 

School Food Punishment

作詞 : 内村友美・江口亮
作曲 : School Food Punishment・江口亮

曇り空が 見透かしている
甘えすぎた 心の中

どこかを目指し走る 背中
作り物みたい 目にする全てが

儚く消えてく 眩しい光
手に触れるその前に 潰えた夢
壊れた時計を見ている その隙をついて
勝手に暮れていた空のように

頭の中 渦巻く昨日が
白紙の今日 立ち止まらせた

街は忙しそうに
はしゃぐ誰かの声を 遠くへ響かせ

遠く 遠く 小さく霞む
叶うと信じていた あの日の夢
テレビの中から聞こえた 世界の痛みと
同じくらい遠い 今では もう

いつの間にか 枯れていた
沸き立つような波を待って
夜に落ちてく 音も立てず
ずっと ずっと ずっと ずっと
待ちわびて

浮かぶ度に すぐに消える
答えを追いかけてく あぁ もう一度

儚く消えてく 眩しい光
叶うと信じていた あの日の夢
季節にはぐれて 静かに降る雪のように
いつか また逢える その時まで


ミニ情報
アルバム「Prog-Roid」収録曲
School Food Punishmentの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
帰る
君に、胸キュン。-浮気なヴァカンス-
How to go
free quiet
in bloom
ウツロウ、サンガツ

are
Ura Omote
ハレーション
光/School Food Punishmentの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ