雨 - 手嶌葵の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

手嶌葵
公式サイト
 ♪  手嶌葵
作詞 : 宮崎吾朗・谷山浩子
作曲 : 谷山浩子

雨が遠く 街並み霞ませて
春の木々を 冷たく濡らす

窓をつたい 流れる雨だれは
泣けぬばかな わたしの涙

あぁ 流れて ひとつになって河になり
あぁ 溢れる悲しみが 消え去ればいいのに

窓を叩く 雨音絶え間なく
濡れた心 かき乱すから
何も知らぬ 幼い子のように
雨に指を さしのべてみる

あぁ わたしも ひとつぶの雨になって
流れ行き 海になり 空へ帰れるなら

雨 雨 雨 雨


ミニ情報
アルバム「コクリコ坂から 歌集」収録曲
手嶌葵の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
雨/手嶌葵の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ