SAKULA - m.o.v.eの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

SAKULA  ♪  m.o.v.e
作詞 : motsu
作曲 : t-kimura

風に揺れた刹那桜 舞い踊る桜
風に揺れた刹那桜 あふれ出す涙 桜

満開の花びらが そのときを心得ては
ゆら ゆら 君に降る
君以外ぼやけてる ズームで狙ったストップモーション かすれた背景
分かったつもりだったけど
運命ですか 出逢いも別れも
書き換えられるなら 取り戻せるなら 全てを
ふたりきり桜の花の下

咲きほこるのは淡くて白い 桜 桜 眩しく
花の舞台が 別れの涙を やさしく照らしました
春涙満開 心が切ない はかなく繊細 ああ刹那桜舞い散らん
色彩端麗 言葉浮かんで 奮える感性 ああ刹那桜が舞う

花の景色に 花の刹那に 愛が 哀が 震える
君は独りでめくるめく風に なにかを追いかけて
ずっとずっと 空こえて いけると信じてる純真
桜の中
愛 出逢い はじまりの日 そして別れ 旅立ちの日
全ては運命の書に描かれてる 何人たりも定められてる
花びら舞った さあ感極まった瞬間 春つたえ 春つれてく桜
背景になってテーマになって 恋人たちの舞台を今年も飾った風景

見つめあい抱きしめた ひとつひとつの記憶が
ひら ひら 降りしきる
出逢わなきゃよかったと強がったけど
もう一度 振り返る季節 時間巻きもどしても
君と出逢って また恋におちて 愚かだけど愛しい宿命 取り戻せるなら
ふたりきり桜の花の下

そして二人の抱きあう肩に 桜 桜 儚く
やがて舞台は人ごみに埋もれ 季節が変わりました
春涙満開 心が切ない はかなく繊細 ああ刹那桜舞い散らん
色彩端麗 言葉浮かんで 奮える感性 ああ刹那桜が舞う

花の景色に 花の刹那に 愛が 哀が 震える
君は独りでめくるめく風に なにかを追いかけて
ずっとずっと 空こえて いけると信じてる純真
桜の中
わずかに広げた手のひら 静かに桜が舞い下りた
耳を澄まして目を閉じる 時の到来と天の命を知る
出逢うものはなにかわからない 歩いていく自信さえまだない
しかしその目の前には道が ほら光った 桜が咲いた

ふたりきり桜の花の下 浮かび上がった舞台

花の景色に 花の刹那に 愛が 哀が 震える
君は独りでめくるめく風に なにかを追いかけて
ずっとずっと 空こえて いけると信じてる純真
桜の中


ミニ情報
アルバム「oveRtaKerS SPIRIT」収録曲
m.o.v.eの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
SAKULA/m.o.v.eの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ