硝子の城 - SING LIKE TALKINGの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

SING LIKE TALKING
公式サイト
硝子の城  ♪  SING LIKE TALKING
作詞 : Chiaki Fujita・Chikuzen Sato
作曲 : Chiaki Fujita・Chikuzen Sato

騙される方が悪いっていう
奇妙な発言
最近じゃ珍しくもない

自分らしいって何だ
分かっているって奴がいたら 会いたいね
キツい冗句さ

言い放つだけのコトバは
無数の塵のよう
いったい どれくらい
本当があるのだろうか

ボクは
ひとりぼっちだって懼れないはず
でも 信じ切れるものもないのさ
きっと 割れる寸前の硝子の城に
ただ ボクらの人生までは
預けっぱなしにしない

思いのままにって
多分 意味を履き違えて育った
明日の大人たち

それは 開花しない蕾と変わらなく映る
実際 この時代
持ち堪えられてなどいない

ボクは
ひとりぼっちだって懼れないはず
でも 寂しくもいたくはないのさ
やっと 浮いているだけの紙の船に
何故 未来を託すのか
とても出来はしない

たとえ
どんな厳しさを 今 歩んでいるとしても
笑うだけでは解決などしないから

ボクは
ひとりぼっちだって懼れないのに
ずっと キミの幸せも見ていたいのさ
きっと 一夜限りの常識には
もう 守るべきものはない
過ちにすぎない

きっと 割れる寸前の硝子の城に

もっと 眠る心を呼び起こすのさ
描きたいのは どんな色合い


ミニ情報
アルバム「Empowerment」収録曲
SING LIKE TALKINGの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
硝子の城/SING LIKE TALKINGの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ