月の宿 北野まち子 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

北野まち子
公式サイト
月の宿  ♪  北野まち子
作詞 : 麻こよみ
作曲 : 徳久広司

窓にこぼれる 月灯り
胸の哀しみ 映し出す
ふたり別れる その日が来ると
知らずにいました ばかでした
つらさ逃れる ひとりの旅は
にじむ涙の 月の宿

声もかすかな 虫の声
泣いて夜通し 誰を呼ぶ
いつかいつしか わがままばかり
甘えていました ばかでした
浮かぶあなたの 面影抱けば
心震える 月の宿

痩せた夜空の 月さえも
元の姿に 戻るのに
きっと幸せ 続いて行くと
信じていました ばかでした
夢で逢いたい 逢えたらつらい
口紅(べに)がせつない 月の宿


北野まち子の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
北野まち子「月の宿」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ