線香花火 - 鶴の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

線香花火-鶴
Jword
公式サイト
線香花火  ♪ 
作詞 : 笹井快樹
作曲 : 鶴

欲張って買った花火セット 振り回す夜のネオンサイン
虫さされの数競い合って 笑った
何故か切なくなるから あんまり好きじゃないのよって
君が言うから僕の部屋に とり残された線香花火

君が置いていった思い出は 突然の風に揺られて ぽとりと落ちた

震えるように咲いた 咲いているように散っていった
永遠を信じたのは何故
やがて終わりがくると わかっていたはずなのに あわれな線香花火

いつか大人になるのかなって 君が寂しそうにつぶやいた
時間よ止まれと本気で 願った
残酷なほど時間は今も 君を過去へと押しやっていく
逆らう事も許されずに 消えないでまだくすぶっている

君が置いていった思い出が 溢れ出ては頬を濡らして ぽつりと落ちた

僕を照らしてくれた 優しく包んでくれた
眩しく胸の奥を焦がす 今はもう悲しい光

それでも何度も 灯をともしては繰り返し
抑えきれない想い照らし出すから 君の名前を ぽつりと呼んだ

震えるように咲いた 咲いているように散っていった
儚くて愛しくて あまりに綺麗で
僕を照らしてくれた 優しく包んでくれた
眩しく胸の奥を焦がす
音も立てずに消えた 最後の線香花火は
二人の夏の終わりを告げる

震えるように咲いた 咲いているように散っていった


ミニ情報
アルバム「秘密」収録曲
鶴の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
未来は今だ
OK
高性能
フリーウェイ
321
明日はどこだ
Funky Father
君はワンダー
THAT'S ME
ニューカマー
線香花火/鶴の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ