不死身のうた tacica 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

tacica
公式サイト
不死身のうた  ♪  tacica
作詞 : 猪狩翔一
作曲 : 猪狩翔一

要らないモノは持っていない
ここまで人に嘘は吐いていない
服にだって汚れは付いていない
穴の空いた靴など履いていない
そんな僕を全うしたいから
逃げ出した風景画
夜な夜な夢を叶えている
その度に僕は退化する

喜びだけ鞄に押し込んだ

哀しみまで鞄に押し込んだ?

キミがどうかしているだけ
この絵の色は少し濃くなった
あの時 出来上がった幾つかの
どの絵も今は白と黒なんだ
好き 嫌いのもっと向こう
どこまでも付いて行くつもりだったけど
そこまでは行けなかった歌

リズムが消えて失くなった

要らないモノも持っていて
幾つも人に嘘を吐いて来た
服にだって汚れが付いていて
穴だらけの靴を好んで履く
そんな僕が窓に映ったから
思い出した風景画
粉々に消えて失くなってしまえと
誰かが呟いた

どれも人は駄目だと言ったけど

それも良いとキミが笑ったなら

僕がどうかしている内に
顳かみから未来奪って欲しい
急いでいるなら尚更
誰も不死身なんて願っていない
好き 嫌いのずっと向こう
いつまでも憶えてるつもりじゃないんだけど
今 どこへも行けなくなって

誰と今日は夢を観て終わる?
後始末が苦手な僕の日に
聴こえている?
でも今更 人間は不死身なんて願っていない
好き 嫌いのもっと向こう
どこまでも付いて行くつもりだったけど
それまでは行けなかった歌

どこまでもいきたかった歌


ミニ情報
アルバム「sheeptown ALASCA」収録曲
tacicaの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
tacica「不死身のうた」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ