掟と礎 tacica 歌詞

歌詞ナビ

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

tacica
公式サイト
掟と礎  ♪  tacica
作詞 : 猪狩翔一
作曲 : 猪狩翔一

もう雨の日や風の日を怯えて
生きる事は止めにしたんだ
必死になって松明に今を灯して
散々な部屋の向こうへ飛び出して
僕も今更 太陽を選ぼう
遊ぼうよ

名前は今日 特に意味が失くなってしまったよ
夢を観過ぎた反動に
取り付く島もない事に

名前の様に上手くは飛べなくて嘆いても
色に溢れた日に
通り過ぎたヒーローに

思い出せる大地へ
赤い眼をした僕等は
教えられる事が何もない

もう雨の日や晴れの日を教えて
生きる事は止めにしたんだ
必死になって松明に今を灯して
散々なドアの向こうへ飛び出して
僕も今更 太陽を選ぼう
選ぼうよ

長い間 僕等 始まり

自分の音色を
忘れない為
色んな音色を
忘れるんだね

僕の未来へ問う
今日 僕が居なくなってしまっても
特に非常事態なんて
騒ぎ立てる事もしないか?

名前の方へ
上手く歩き出したのはいつ?
色に抱かれた日に
待ち焦がれたヒーローに

思い出せる大地へ
赤い眼をした僕等じゃ
教えられる事が何もない

掟みたいな毎日に
膝を抱えた僕等じゃ
思い出せる事は何もない


ミニ情報
アルバム「sheeptown ALASCA」収録曲
tacica「掟と礎」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
tacicaの人気曲 この歌手の人気曲一覧

LEO♪丸い滑走路を 皆 飛べると信じ直走る
HALO♪空想が花束をくれる 頑丈な哀しみの下に
人鳥哀歌♪鳥に帰ろうとして 水の飛沫に見付けた僅かな地図
GOAT♪命を主燃料に キミを生きて行く
NWM♪夢の中まで持ち込んだ×と道徳に沿って
510♪何故?を飲み込む雨に打たれる度に弱い私
群青♪遠くの方の僕達の家に足音鳴らす群青
セメルパルス♪街や人が この次を求め合うのは
From the Gekko♪晩年 僕は開花して それの行き着く先が大団円
烏兎♪自分でも自分じゃない様な朝を数えて

tacicaの新曲 この歌手の新曲一覧

mori♪1,2,3, sir 独り言が 左脳に木霊してる頃
諦める喉の隙間に新しい僕の声が吹く♪まだ何者でもない 丘の星空に僕宛の言葉
YELLOW♪最初に眼にした色 この世界の真裏に宿る色
群青♪遠くの方の僕達の家に足音鳴らす群青
youth♪断りなく 鳴り出す音が
回転盤♪灰や光に塗れて世の中の片隅で静かに針を落とした
夜明け前♪眼を逸らしたら互い違いの物語
Butterfly Lock♪ライオンの叫び声に 夜明けまで身を隠した
咆哮の詩♪呆れる程 命の理由に見合わない心の枚数
ヒカリトカゲ♪大勢の音 混ざり合って

スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ