螺旋 Rey 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

Rey
公式サイト
螺旋  ♪  Rey
作詞 : 原田謙太
作曲 : 寺園健二

機械仕掛けの空 悲しみを刻む時 かすかに残る温もりの跡を
振り払うように...忘れてしまいたいのに...
刹那の夢に溺れていたくて...

永遠なんて無い事 初めからわかってた
安らぎを求めても やがて消えるのなら...

側にいて欲しかった...明日はきっと記憶の中で
君と歩いて行ける 生きて行くから 涙が涸れるまで君を想いたい

振り下ろした刃 紅に染まる街 出口の見えない螺旋階段で
傷つき、もがいて、どれだけ叫んでみても 君と歩いた時はもどらない

何度も繰り返してた 出会いと別れなのに
言えない「サヨナラ」には どんな意味があるの?

恋に落ちていました 命の限り君を愛した
切なく揺れる想いを胸に隠して もう泣かないように闇へ帰ろう

例えばまだ 君と出会えなかったら この闇に光が差し込む事も無い
それでも歩きたい...!

ひとつだけ伝えたい 君への気持ちみつけたよ「ありがとう」

側にいて欲しかった...明日はきっと記憶の中で
君と歩いて行ける 生きて行けるから 涙が涸れるまで君を想いたい


ミニ情報
PS2ゲーム「アーメン・ノワール」エンディング主題歌アルバム「H.A.B.」収録曲
Reyの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
Rey「螺旋」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ