ウソノイロ GRANRODEO 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

GRANRODEO
公式サイト
ウソノイロ  ♪  GRANRODEO
作詞 : KISHOW TANIYAMA
作曲 : MASAAKI IIZUKA

僕らが知ったつもりでいた嘘は
互いの思い込みが深まって真実にさえならなかった
まるで呼吸をするように咲いた
喜びとか悲しみの花に色を染められなかった

交わせば交わすほど無意味が口をこぼれて
本当に大事なカタマリは夢中で空気に溶けた

最期にしようと決意した仮初は
真円を描く事ない光の束のように
なんて足りない情けだと嘆いても
失うものが多過ぎて気にするほどじゃない

どこかで錯覚しなければいつも
自分と対峙する鏡だってそれさえ重ならなかった
君よりも上手に嘘をついて
勝ち誇る卑しさが癖になって割り切る事ができなかった

思えば思うほど涙はつまらなくなって
瞼にうかぶ笑顔は何を告げたか分からなくなった

最期に言おうと用意した祝福を
分かち合うなら闇を照らさなくてもいいのに
ほんの少しの嘘が残ってるなら
背中に貼りついた出会いを消してしまおう

君が願った嘘と真実は今や
いつも先回りしてた僕の後悔
かみしめても目の前を染めるのは
他愛もない嘘の色

最後にしようと決意した仮初は
真円を描く事ない光の束のように
なんて足りない情けだと嘆いても
失うものが多過ぎて
悲しみもゆき過ぎて
気にするほどじゃない


ミニ情報
アルバム「SUPERNOVA」収録曲
GRANRODEOの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
GRANRODEO「ウソノイロ」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ