真空の明かり 繭子 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

繭子
公式サイト
真空の明かり  ♪  繭子
作詞 : 繭子
作曲 : 柴草玲

臆病な囁きは 波を広げ
ちっぽけな私は 泡になってしまいそう
悲しいに似てて 怖いに似ている...

探すのはあなたの呼吸 生きている温もりを

柔らかなシェルター
ただ静かに 横たわっていたい

目を閉じても 孤独の闇に溺れたりしない
全ての記憶 無くしたとしても
あなたと見た最後の月が
遠い日の約束を照らし続けるから

喜びの景色は 不規則に揺れる
完璧な心を 求めすぎてしまったの
悔しいに似てて 寂しいに似ている...

この足を絡める蔦は いくつもの傷跡残し

音のないシェルター
ただ静かに 横たわっていたい

今 ゆっくりと
あなたのあたたかさが この胸を伝ってゆく
指の先まで光を集め 暗闇の鼓動を解き放つ
濁った感情から 覚醒させるの

頼りないこの世界で 私はあなたの名を呼び始める
どうぞ真実を照らして 残酷なくらいに 強く
歪んだ殻を破り 生まれ変わってみたい
眩しくて清らかな光...

目を閉じても 孤独の闇に溺れたりしない
あなたとの日々はここにあって
瞼の奥 一筋の光
無意識の海を抜け辿り着くでしょう

全ての記憶 無くしたとしても
あなたと見た最後の月が
遠い日の約束を照らし続けるから


繭子の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
繭子「真空の明かり」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ