卒業式の忘れもの - SKE48(白組)の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

卒業式の忘れもの  ♪  SKE48(白組)
作詞 : 秋元康
作曲 : 浜崎裕司

制服を着てる先輩と会えるのは
これが最後だと思うと泣ける
毎日 ずっと どこかに探して来た
背の高さ 明日から見当たらない

校庭の隅に 満開の桜の木たち
春風に陽射しの雫が揺れている

思い出は忘れもの
ずっと そばにいたのに…
心の端っこにそのままにしてた
残された寂しさと
ホントは好きだったこと
考えないように
無邪気に過ごした季節が終わる

制服が少し 小さめに見えるのは
きっと 大人になったからでしょう
4月になれば 都会へと行ってしまう
その肩に 一枚の夢 花びら…

校門の中で テニス部のみんな集まり
微笑みに涙を隠して見送った

思い出は忘れもの
胸がきゅんとして来て
日向がいつもより 暖かく感じる
時々は振り向いて
私をちゃんと見て欲しい
一度も言えぬまま
憧れ続けた季節の後で…

思い出は忘れもの
ずっと そばにいたのに…
心の端っこにそのままにしてた
残された寂しさと
ホントは好きだったこと
考えないように
無邪気に過ごした季節が終わる


SKE48(白組)の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
卒業式の忘れもの/SKE48(白組)の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ