パズル UNLIMITS 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

UNLIMITS
公式サイト
パズル  ♪  UNLIMITS
作詞 : 郡島陽子
作曲 : 清水葉子

走り抜ける様に過ぎていった日々
低く流れる雲に乗って
浮かぶ君を追いかけてゆく
僕はその影のように

『少し疲れた』と座り込んだ君の背中
僕はただ眺めて 何も言えなかった

こんなに広い空の下
巡り合えた 奇跡の花咲く
答えはただ一つだけの 手と手とのパズル
見つけられたんだ そんな気でいた

手にしてしまうと もういらなくなる
誰かのモノに指くわえて
少し素敵に言うとしたら
夢を見ているのかなぁ

『悲しいことばかりが
街に溢れて見えるのは
君が下を向いてばかりいるからさ』

最後に君が言っていた
言葉の意味が まだわからないよ
だけどもう 誰にも聞けない
ここにはもう 君は居ないから
もぅ 居ないから

見上げた空はどこまでも
繋がっているよ 信じているなら

かざした小さな手の平
風に揺らめく夕日色の花

今でもまだ変わらないよ
君の言葉は この僕の中で
生き続けているよ


ミニ情報
アルバム「トランキライザー」収録曲
UNLIMITSの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
UNLIMITS「パズル」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ