百日紅 LUNKHEAD 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

百日紅  ♪  LUNKHEAD
作詞 : 小高芳太朗
作曲 : 小高芳太朗

どれだけ切り裂かれても 感情を伝うこの血は
誰にも見えないから いつしか慣れてしまうだろう

心さえ殺せば 皮一枚で笑える

鮮やかなこの悲しみよ、鮮やかに紅く染まれ
朝が来てまた夜が来て
いつか忘れてしまわないように

机の内側に貼り付けたその言葉は
誰にも見せてはいけない
ここでまだ生きていたいなら

広すぎるこの部屋 独りで今日も凍える

鮮やかなこの悲しみよ、鮮やかに紅く染まれ
朝が来てまた夜が来て
いつか壊れてしまわないように

夏が終わり冬が過ぎて百日の向こうで

鮮やかなこの悲しみよ、鮮やかに紅く染まれ
朝が来てまた夜が来て
いつか何処かで花咲けるように


ミニ情報
アルバム「[vivo]」収録曲
LUNKHEADの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
LUNKHEAD「百日紅」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ