火ノ花 奥井雅美 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

奥井雅美
公式サイト
火ノ花  ♪  奥井雅美
作詞 : 奥井雅美
作曲 : 奥井雅美

長く続くライトが流線型 描いた橋のふもとで寄り添い
「何処に行くのかなんて どうでもいい…」
確かな恋心だけ信じている

出会った夏の日 ここに座って
線香花火 揺らしはしゃいでいたね

夜空に咲く花 見上げた二人は
まだ きっと“手の届かない夢”と瞳をふせ
手の中に揺れる小さな火ノ花
だけを守るため生き急いだ

今日もこの場所 何も変わらないのに どうして君だけここにいないの?
少し大人になった私だから
その理由 赦せなくてもわかっている

3度目の夏が過ぎて行く頃
お互い違う夢を求め始めて…

夜空に咲く花 見上げた二人は
そう きっと胸焦がすほどあこがれ抱き
手の中に揺れる小さな火ノ花
落ちても気づかずスレ違った

あの日より幸せで 笑ってる二人の姿 想い願いながら

今でも私は 夜空を見上げて
もう きっと手の届かない夢を追いかけ
手の中に揺れる小さな火ノ花
何度も守って夏を待ってる


ミニ情報
アルバム「Self Satisfaction II」収録曲
奥井雅美の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
奥井雅美「火ノ花」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ