鬼還 - Kagrra,の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

鬼還-Kagrra,

鬼還

 ♪ 

Kagrra,

作詞 : 一志
作曲 : Kagrra,

時は満ちた 風に融け土に溶けて無へ 灰に染みた穢れすぎた魂放て
夥しく儚く咲く白菊に その躯を委ねたなら 浮かべたならば

黄泉への道標が記された 川辺の石音さえ聴こえる

流され流れた日々の悔恨も泪も せせらぎがそう
優しく撫でるように包むように忘れさせるから

心よどうか穏やかに 久遠の虚ろの中で 思考の刻みを止めて優しく眼を伏せ

腐敗の大地 暗く濁る澱み逝く昊 生命さえ口を噤む世界を壊せ
華々しい誘惑に満ちた粉に その手を伸ばしたなら 掬ったならば

天への階段へと導かれ 扉が雲を別けて顕る

傷つき傷つけたあの感触も悼みも 幻惑がそう
優しく撫でるように包むように忘れさせるから

心よどうか穏やかに 久遠の虚ろの中で 思考の刻みを止めて優しく眼を伏せて

噫 聲が遠い場所で囁いてる 噫 人は原罪から逃れえぬ
懺悔など意味も無く故に空しいものよ

悦楽も歓びも棄てて 限りなく溢れる哀しみを抱いて

心よどうか穏やかに 久遠の虚ろの中で 思考の刻みを止めて優しく眼を伏せ

神々よ慈悲の鞭で 解放を与え賜え 永遠に揺らぐ事の無い眩き境地を

時は満ちた 風に融け土に溶けて無へ 灰に染みた穢れすぎた魂解き放て


ミニ情報
アルバム「百鬼絢爛」収録曲
Kagrra,の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧

隠恋慕
鬼咆
魔夏の世の夢
白ゐ嘘
戯曲 通りゃんせ
くわい談
月に斑雲 紫陽花に雨
日ノ本
戯曲 華一匁
鬼還/Kagrra,の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ