友達だと思ってたのに - 森山直太朗の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

友達だと思ってたのに-森山直太朗
Jword 森山直太朗
公式サイト
友達だと思ってたのに  ♪  森山直太朗
作詞 : 森山直太朗・御徒町凧
作曲 : 森山直太朗・御徒町凧

友達だと思ってたのに 君は僕に手を上げた
みんながやれと けしかけて
泣きながら 下ろした拳

友達だと思ってたのに 君はもう見てくれない
こうして僕は いるのにさ
空気のように 空気のように

友達だと思ってたのに 思ってたのは僕だけさ
悪いことって なんだろう
誰に訊いたら いいんだろう

昼下がりの公園で ブランコに揺られてる
友達だと思ってたのに そのことが悲しくて
悲しくて

友達だと思ってたのに 君は僕に手を上げた
涙もでない 悔しさを
みんなどうして いるんだろう

人のいない歩道橋 騒がしい町並み
友達だと思ってたのに 君は今どんな気持ち
どんな気持ち


ミニ情報
アルバム「レア・トラックス vol.1」収録曲
森山直太朗の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
レスター
さなぎの時代
僕らは死んでゆくのだけれど
魂、それはあいつからの贈り物
嗚呼
君のスゴさを君は知らない
とは
電車から見たマンションのベランダに干してあったピンク色のシャツ
傘がある
金色の空
友達だと思ってたのに/森山直太朗の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ