Legion 少女病 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

Legion  ♪  少女病
作詞 : 少女病
作曲 : ピクセルビー

「しつこく追ってきて、何が目的?
やっぱり誰かにバラす気なんじゃ……」

「泣いてないで何か言ってくれないかな、キミ」

「少女が声を出せないことなど知らない二人は、
何も答えないフランチェスカに苛立ち、
小さな刃物を手に近づいて……」

「黒か白か、始めようか?審判を」
刹那煌いた消えぬ証 暴かれて

問いは意味を成さない 口外されれば
幾多の犠牲の上に 勝ち得た炎も潰えてしまう...

錆びついた その凶器を躊躇いなく翳して
声さえあげずに固まった少女に 言葉を荒げて忘却を求めた

「さあ、そこまでだ。国が荒れていると子供達まで荒れるのか?」

害意なきポーズだけのその腕を
押し戻すように止めた者は、黒衣の放浪者(nomade)

「子供がこんな物騒な物を持ってはいけない」
諭す声は真摯にどこか優しくて

守るように 立ち塞がるその姿に少女は
兄との別離を思い出し 静かに涙を零して膝から崩れた――――

「なあ、もしかしてこの子、声が……」
「フランチェスカが言葉を発せないことに気付き、
筆談でコミュニケーションをとる。
それをきっかけに、ルクセインに促されるままに
それぞれの経緯を話し出す3人。
誤解はすぐに氷解して……」

「脅かしてごめん」

「詫びる二人に、フランは気にしないでと恐縮しながらも
懸命に兄のことを聞いていた」

「フランチェスカとどこか似てる少年もいたかもしれない……」

――――呼吸が、止まった……

名前さえも奪われる穢れた塔の中で
優しかった兄がその場所に囚われ 今でもいるかは不確かでも
拳を突き合わせ 誰からともなく視線を重ねて
出会ったばかりのレギオンは 遥かな古城を見据えてその手を掲げた

「無謀かもしれない。確かな策なんてありはしない。
けど、こうしてる間にもヤツはっ……。
……ボクは、囚われた仲間を助けに行きたい」

「フランのお兄ちゃんも、ね」

「強く頷くフランチェスカに、
そして大切な存在を想う彼らに心打たれ、
ルクセインも助力を申し出る。
大きな力を持つ魔女に対して、なんの武器も後ろ盾もない。
たった4人だけの小さな、けれどとても勇敢なレギオン」

「きっと、まるで勝ち目のない戦争だ。けれど――――」


ミニ情報
アルバム「残響レギオン」収録曲
少女病の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
少女病「Legion」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ