真実の解放 - 少女病の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

真実の解放-少女病
真実の解放  ♪  少女病
作詞 : 少女病
作曲 : ピクセルビー

「待ち望んでいた解放の時。
久々にみる仲間達の顔は、少しやつれているようで。
けれど、変わらずそこにあった――――今も」

「ねぇ、嬉しいのに不自然にしか笑顔を作れないんだ」
魔女に矯正された 紛いモノの表情

ah...魔女の毒は 歓喜の波も抑制するほど深く
痛ましい爪痕は消えないかもしれないけど

恐る恐る控えめながら 喜びを分かち合う子供達は
鎖を外し 手を取り合い生を確かめるように

碧に染まるセカイで 産声をあげるは
狩り尽くされて失くしていた新たなる絆
血よりも色濃い絆が いつか生まれていた
強く結ばれた仲間 これからを紡ぐ幻想――――

「羨ましいな、彼らが……」

「ルクセインは、自分の役目は終わったとばかりにその場を離れ、
繋がれている黒狼達を解き放った。
そしてそのまま一言の別れさえ告げずに、単身で古城を後にする。
白夜の果てへの旅。大切な首飾りを強く握りなおして……」

「ねぇ、二人だけで逃げ出したのに僕らを責めはしないの?」
徴かな後ろ暗さ その想いを吐露した

「ルーク、例えキミがそのままどこか遠くへ逃げたとしても
多分誰一人としてその行為を咎めやしない」

「そうさ。ここで辛苦共にした家族みたいなものだ。
だから今は自由より、また生きて逢えたことがただ嬉しいんだ」

ah...残響瞬く 夜が明けようと今
白霧はただ霧散した 遠鐘鳴り響いて
空ろな光は彼等を 導くようにただ
碧に染まったセカイを 凛と照らし始めていた

「喜びに抱き合う仲間達。
けれど、彼らの表情が次第に心配げに曇っていって……」

「ルークと私の顔色が悪い?ううん、きっと疲れてるだけ」

「体が冷たいって?そんなことはない……よな?」

「……ッ!」

「面白い見世物だったわ」
囁いたのは、確かに死に絶えていた暴虐の魔女――――

「悠然と立つ魔女によって語られる真実。
ルークとミリアは、遊戯に耐えきれずに
とっくの昔に命を落としている存在であるということ」

「私の力で動いているだけ。
イレモノが綺麗だったから再利用してみたの」

「そんな……」

「いや……いやっ……いやぁぁぁぁぁぁっ!」

死の残響 魂なき亡霊のような
ルークとミリアは仲間とフランチェスカヘと向け
救いを請うような視線を刹那残して ah...
それがあるべき姿であったかのように その動きを止めた

もう二度とは動かぬ二人の残骸 ah...
どんなに強く揺すれど 瞳に光は戻らない
“愉悦”を“歓喜”を隠さず 深紅の魔女は哂う
夜を抜けることのない 哀れなるそのレギオンを――――

「可愛いお人形さん。ぜーんぶ思い通りに動いてくれちゃって。
城から逃げ出させたのも、いずれは取り残されたお友達を助けに
戻るようにと思考を巡らせたのも、みーんな私の掌の上。
思っていた以上に楽しめたわ」

「それは、少年達の絶望する表情を見たいがための新しい遊戯。
ルークとミリアは、まるで電源が切れてしまったかのように動きを止め、
もう二度と動くことはなかった……」

「残された少年達はこれ以上ないであろう絶望に突き落とされる。
そんな中で、フランチェスカは狂ったように兄の姿を探し続けていて……。
魔女はそれに気づき、何気ない風に告げる」

「あんたの探してる大好きなお兄ちゃんも、
もうとっくに死んでここにはいないよ――――」


ミニ情報
アルバム「残響レギオン」収録曲
少女病の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
unleash
climactic cry
紅蓮に穢れしモノ
Refulgence
深紅のエヴェイユ
十三月の不確定なドール
偽物の夜に誓え反逆者
未完幻想トロイメライ
黒衣の放浪者
recollection
真実の解放/少女病の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ