半身創痍 鴉 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって


公式サイト
半身創痍  ♪ 
作詞 : 近野淳一
作曲 : 近野淳一

風の中に僕を残して
消え去る影 届かない
割れたひとつ 今更それが
ふたつとして舞い散った

あっという間の出来事が
未完成なトンネルを超特急で駆け抜けていく

願い事は星になったまま
歪な純情をぶらさげ明日へ帰れない

風の中に僕を残して
消え去る影 届かない
割れたひとつ 今更それが
ふたつとして舞い散った

ひとりという怖さなどなかったのに
半分という証明がそれ押し付けてくる

いつも見てた景色の色が
剥がれ落ちていく頃に

僕の思い出の中にだけ
またひとつ花が咲く

枯れることなく汚れるほど輝いて

割れたけれどいつか僕自身
ひとつとしてありますように


ミニ情報
アルバム「未知標」収録曲
鴉の新着歌詞を見る⇒
鴉の人気歌詞を見る⇒
鴉「半身創痍」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ