小さな手 鴉 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって


公式サイト
小さな手  ♪ 
作詞 : 近野淳一
作曲 : 近野淳一

時計の針が動くたび引き裂かれていた
二つの影を結ぶ線 今 描こう

ポケット入れてるこの手と憂鬱を出したら
後ろ姿 こぼれるように差し出された

小さな手 その手 深く握れば伝う
心の奥のほう
壊れてみえて 言葉にならなくても
手と手の中にあるもの

そう 気付けば忘れてたよ
むしろ気付くことを恐れていた
「声、表情」 景色のようで

小さな手 その手 深く握れば伝う
心は雨のよう
流れて枯れて 笑顔が咲かなくても
手と手の中にあるもの

悟るすべての感情 雫となって落ちた

見えるよ…見えるよ
聞こえる…響くよ「声、表情」

小さな手 その手 深く握れば伝う
心の壁の向こう

叩いて吠えてあれだけ届かなかったのに
手と手の中にあるもの
言葉も目も合わなくていい
手を繋げばいい


ミニ情報
アルバム「未知標」収録曲
鴉の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
鴉「小さな手」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ