コンビニ傘 amazarashi 歌詞

歌詞ナビ

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

amazarashi
公式サイト
コンビニ傘  ♪  amazarashi
作詞 : 秋田ひろむ
作曲 : 秋田ひろむ

冷笑の365日にずぶ濡れの
コンビニ傘が土にも還らず
ゴミでも非ず モノでも非ず
役立つでも無く 邪魔するでも無く
昼はカラスに啄ばまれ
夜には星座を睨みつけ

磔にされた街路樹が「ほら」と言うから
つられて見上げた上空に
冬の雨雲と毎秒3kmで飛び去る弾道ミサイル

冬の雨は冷たいんだよなと呟きあって
また目を閉じた


ミニ情報
アルバム「ワンルーム叙事詩」収録曲
amazarashi「コンビニ傘」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
amazarashiの人気曲 この歌手の人気曲一覧

名前♪君の名前はなんだっけ?
隅田川♪面映い思い出一つ 紐解く手が震えています
風に流離い♪「彼女に振られたんですよ」
空に歌えば♪虚実を切り裂いて 蒼天を仰いで
ジュブナイル♪自分嫌いな少年少女 ありがとうじゃ満たされぬ今日も
匿名希望♪バイトに向かう電車の中で
穴を掘っている♪穴を掘っている 人生どこで間違えた
つじつま合わせに生まれた僕等♪遠い国の山のふもと この世で一番綺麗な水が湧いた
無題♪木造アパートの一階で
⑩コンビニ傘♪冷笑の365日にずぶ濡れの

amazarashiの新曲 この歌手の新曲一覧

ワードプロセッサー♪遮光粘膜に囚われて 能動性が切断された感性を
空洞空洞♪耳を塞いだって ざわめきは聞こえてくる
フィロソフィー♪辛くて悔しくて まったく涙が出てくるぜ
水槽♪車両基地のレールが 喘息みたいに軋む音がして
ハルキオンザロード♪僕らの別れは最初から決まっていた
悲しみ一つも残さないで♪汽笛が鳴れば素っ気なく
バケモノ♪彼は化け物 嘘を食らう獣
リタ♪君が出てくならそれでいいよ
ぼくら対せかい♪モールの駐車場で花火してはしゃいでいる若い親子連れ
空に歌えば♪虚実を切り裂いて 蒼天を仰いで

スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ