ひとりきりのクリスマス D-51 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

D-51
公式サイト
ひとりきりのクリスマス  ♪  D-51
作詞 : 吉田安英
作曲 : 吉田安英・上里優

凍えそうな風に 襟立てて歩く
街中に溢れる 綺麗な光
すれ違う恋人たちは 幸せそうな笑顔で

君がいなくても やってくるホーリーナイト
今夜はどこで 誰と過ごすんだろう?
もう慣れたつもりでも 左手が寂しくて

降り積もる想いが 行き場を失くす夜は

ひとりきりのクリスマス 君に会いたくて
淡い期待さえ 信じてしまうよ
街角のメロディーに合わせ
真っ白な吐息が星空に消えてく

今も覚えてる ポケットの中で
君の冷えた手を 温めながら
降るはずもない雪を いつまでも待っていた

近づくほど心が 見えなくなったのかな

ひとりきりのクリスマス 声が聴きたくて
いるはずないのに 探してしまうよ
奇跡を起こせる夜なら
今夜だけもう一度君を抱きしめたい

ひとりきりのクリスマス 本当に好きだった
思い出なんかに できやしないほど
目を閉じればあのぬくもりが
こんなに近くに感じられるから

降り積もる想いが 行き場を失くす夜は

ひとりきりのクリスマス 君に会いたくて
淡い期待さえ 信じてしまうよ
街角のメロディーに合わせ
真っ白な吐息が星空に消えてく

ひとりきりのクリスマス 本当に好きだった
思い出なんかに できやしないほど
目を閉じればあのぬくもりが
こんなに近くに感じられるから


ミニ情報
アルバム「STAR」収録曲
D-51の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
D-51「ひとりきりのクリスマス」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ