月とストーブ 鈴村健一 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

鈴村健一
公式サイト
月とストーブ  ♪  鈴村健一
作詞 : 鈴村健一
作曲 : 飯塚昌明

淡く記憶くすぐる 午後七時の家路
とおいとおいシチューの香り
少し切なくて無闇におしゃべりになる僕は今
君にどう映るかな?

互いに刻んできた歴史や哲学が
新しい道へと誘ってくれるんだ

不揃いな二人の足音 誇らしくなってはにかむ
夜空へと浸みていくそのリズムを抱きしめて
変わり始める世界 君とだけ行ける場所がある
言葉すら越えるぬくもりの先へ
かじかむ掌重ねて冬が好きな君と
ちょっぴり遠回りして帰ろう

古いカフェの窓際 目にとまる景色
バス停の老夫婦の背中
白髪混じりでしわくちゃで
でも子供みたいな笑顔にフッと心軽くなる

終わりに向かっていく僕達だからこそ
噛み締めていけるんだ 寄り添う意味を

北風に揺れる街路樹が
駐車場の眠そうな猫が
生きている喜びを 愛の歌を 届けるよ
物語を紡いでいくぼくらのために
まるで祝福するように

不揃いな二人の足音 誇らしくなってはにかむ
夜空へと浸みていくそのリズムを抱きしめて
変わり始める世界 君とだけ行ける場所がある
言葉すら越えるぬくもりの先へ
かじかむ掌重ねて冬が好きな君と
ちょっぴり遠回りして帰ろう
もうすぐ雪の降るこの街へ


ミニ情報
アルバム「CHRONICLE to the future」収録曲
鈴村健一の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
鈴村健一「月とストーブ」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ