つよがりソレイユ - 初音の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

つよがりソレイユ-初音
つよがりソレイユ  ♪  初音
作詞 : 常田真太郎
作曲 : 常田真太郎

颯爽と歩く “デキる”素振り
背伸びした思い出 無理やり
もう部屋の隅っこに そっと置いてきたはずなのに

雑踏の間 急いでいるフリ
傷跡はいつしか 消えていく
でも 強がる私をこの季節は見逃さないから

重ねたあなたとの時間はもう何も守ってはくれない

声を聞かせてまた笑って いたずらっぽい顔で抱きしめて
一緒にいるのに恋しているって思えた 切ない気持ちもわかった
愛しているって言葉さえも あなたなら言えそうだったのに
足元の落ち葉が騒いでいる

最初の一歩で はじめましょう
あの柔らかいキスから やり直して
あぁ ふたを開けたら もう溜息が出るほど深くて

あなたの歩幅は少し私より大きいから

2人の歩くスピードが ちぐはぐなままで進んできた
気付けばあなたが届かない距離で 手を伸ばしても触れられない
誰より側にいたのに お互いつけた傷を隠していた
巻いた青いマフラー、握り締めた

かけていく薄着の子供 追いかける母親の影
かけがえのない愛情で 時には走ったりしながら
包んでいられたなら…

今はまだ強がるくらいで 自分を騙し続けるけれど
それでもいいの 次会った時には キライだよって嘘つくから
この季節の太陽は 頼りないけどそれでも輝く
そろそろ先へと進まなきゃね


ミニ情報
ドラマ「秘密」主題歌
アルバム「音紡ぎ」収録曲
初音の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
R347
君が教えてくれたこと
ひだまり
希望にかわるとき
フツウっていう幸せ
卒業 〜また会おうね〜
迷路 -Live Version-
紡ぎ 〜あまねく想い〜
伝えたいことば
また逢いたい
つよがりソレイユ/初音の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ