夜行バス ONE☆DRAFT 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

ONE☆DRAFT
公式サイト
夜行バス  ♪  ONE☆DRAFT
作詞 : LANCE
作曲 : LANCE・SALTRIVER

忘れられない想いに怪我して
自分の弱さに嫌気がして
何もかも色あせる事もなく消えないで
いつの間に、こんなにも本気(マジ)に
弱っちい自分になったんだろう。。。

ねぇ、何をしても、、、何を見ても、、、
感動しないんだ あの日から
一人で見る、一人で居る事すら慣れやしない

ゆっくり離れて行く夜行バスの景色みたいに
夜をぐっすり夢見る程に揺れる想い…
さよならも言わずに進みだした、心を置き去りのまま
いつまでも…いつまでも…消えない

思い出もない 思い入れもない
季節が移り行くのならば
いつの日か、いつの間にか、いずれ無くなるのにな、、、

ゆっくり離れて行く夜行バスの景色みたいに
夜をぐっすり夢見る程に揺れる想い…
さよならも言わずに進みだした、心を置き去りのまま
いつまでも…いつまでも…消えない

暗い未来、目指す場もない、my world... だった。
ただ、照らす light が、that's right...
君だけが暗闇に立った、ひとつの明かり Remember me??
でも、、、don't know but I... 超高価なものじゃなく、
這い上がった road to happiness...
見せたい時に君はもう居ない
マジ馬鹿みてぇ。。。
please don't stop me now...

降りしきる雨、全てが流れるなら止まなくてもいいから
振り向かずに、このまま遠ざかりたい
さよなら。少しずつ見えなくなる思い出達よこのまま
消えてく…消えてく…見えなくなるよ…

ゆっくり離れて行く夜行バスの景色みたいに
夜をぐっすり夢見る程に揺れる想い…
さよならも言わずに進みだした、心を置き去りのまま
少しずつ…少しずつ…離れてく…


ミニ情報
アルバム「蜂の巣」収録曲
ONE☆DRAFTの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
ONE☆DRAFT「夜行バス」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ