父親 - 九州男の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

父親-九州男
Jword 九州男
公式サイト

父親

 ♪ 

九州男

作詞 : 九州男
作曲 : 九州男

俺には何も理解できない
とゆうかわかるわけもない
何の罪もない2歳だった俺の前から姿を消したって話でした
会いたいわけじゃないのにそれから数年に1度の再会
「やっと会えたよ、仕事が大変だよ」
て話してくるあなたは誰なの?
やがて保育園、階段登り小学生の高学年
思春期の交差点へ 頭でやっと理解できてきました
大きい体 大きい声 大きい手でガシガシ頭なでてくるのは
俺には何故かいないと思ってた父親

笑みを浮かべ「また会いに来る」なんて言ったって
数年後の俺にしてみりゃどうでもいい それではサヨナラ
別に言い訳なんてせずに去ってく大きな背中は
何かを語ってたよに見えた

やがて恋愛もし ノリが良いダチと遊ぶ日々だった
あんたは忘れた頃に現れては悪さした俺を殴った
たったこの一瞬だけもっともらしい親のフリして
「もうわかったから…二度と戻ってくんな」
なんて呟いた俺は痛みか悲しみかわからなくて涙ぐんだ
かあちゃんが俺を産んだ そして一人で俺をここまで育んだ
わかるかその苦労が 父親ぶろうが俺は
“お父さん”なんて決して思わない
都合がいい ふざけんな

笑みを浮かべ「また会いに来る」なんて言ったって
ここまで来た俺にしてみりゃどうでもいい それではサヨナラ
別に言い訳なんてせずに去ってく大きな背中は
何かを語ってたよに見えた

時をせわしく辿り 情報に息苦しく埋もれ
感情に身を任せてた俺は今いわゆる大人になり
現実を肌で感じていた この鉛筆で綴った概念は
あなたの理解へと導いていった
あの時の背中はやっぱりきっと何かを物語っていたんだ

無理してでも笑顔を作った 殴った拳のほうが痛かった
本当は一緒にいたかった こうなった理由を言いたかったんだろ?
俺も一緒にいたかった 本当はいつでも会いたかった
だから叶わなくて苛立った
実の父親のあんたを好きだったんだ

本当の事はわからなくていい
ただ俺からしたらたった1人の父親で
会えるたび徐に喜びをあらわにしてた事が
あなたの全ての答えとわかった

笑みを浮かべ「また会いに来る」なんて言ったって
あの頃の俺にしてみりゃわかるわけなかった その深い意味を
別に言い訳なんてせずに去ってく大きな背中は
沢山の物語を背負ってた

これからは俺がその重荷を半分背負って生きていくよ
実は今、あなたのような男になりたいと思ってるんだ
“お父さん”


ミニ情報
アルバム「±1」収録曲
九州男の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
MAEOKI
大股で歩いてく
Oh yeah!!
窓の外はもう日曜日
wander
ゆらぎ〜ヒトヒラの想い〜
フラッシュバックClimax
バトン
こんぺいとう 〜星のかけら〜
カメレオン
父親/九州男の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ