円舞曲(ワルツ) - 小林太郎の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

円舞曲(ワルツ)-小林太郎
Jword 小林太郎
公式サイト

円舞曲(ワルツ)

 ♪ 

小林太郎

作詞 : 小林太郎
作曲 : 小林太郎

僕ら分かり合えないままで 喉元を絞め合って
愛の言葉欲しがってはまた その声を奪い合っていく

いつからか飽きてしまった笑い方は この僕を嘲って
そんな気がして仕方ないなぁ 朝顔も眠たそうに

君も 僕も やたらとなにか
見失いがちだからね 君の方へと

一歩踏み出して その手をとって
陽も射さないような この道
雨の降る夜に 泣きながら歩いて
それでも歩いて来たけど

いつまで踊れる?
どこまで行ける?

僕らは踊る

きっと愛は同じ形で 同じ匂いのようで
僕らそれを忘れたままで 朝顔を眺めている

消えそうになりながら 知りたいのは本当のこと
隠さないで欲しいのは 同じ気持ちで
同じ方の足をぶつけながら踊っている

踊っている

一歩踏み出して 踊ろう
いつか全部忘れていく その前に
君の手をとって 雨の日も超えて
本当の僕らに出会うまで
確かめるためにどこまで行ける?

裸足のままで 朝まで踊れる
君はどう思う?
僕らは踊る

きっと僕ら同じ形で 同じ痛みのようで
そんな気がして仕方ないなぁ 次は僕の方から


ミニ情報
アルバム「DANCING SHIVA」収録曲
小林太郎の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
Show me
Damn
miscommunication
Yo-Ho
opposite
utsumi
IGNITE
DIVE DEEP
REVOLVE
太陽
円舞曲(ワルツ)/小林太郎の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ