螺旋 Angelo 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

Angelo
公式サイト
螺旋  ♪  Angelo
作詞 : キリト
作曲 : キリト

砕けた硝子の欠片拾い集めた
手のひら残した傷を見つめながら

信じた未来は一夜の闇に 別れも告げずに弾けて消えた

「このままどこまでも堕ちていくなら」震えて眠る夜 君に触れる

答えを求める手と手 指絡めた
少しずつ明けていく空に怯えながら

どれだけ降りしきる雨に打たれて 何度も凍えては心閉ざしても
遠くでいつまでも鳴り響く鐘 今でもあの場所へ導くなら

空を越えて 想いよ届け 罪と罰を刻みつけて
君のもとへ 想いよ届け 無限に連なっていく螺旋の果てに

遠くでどこまでも鳴り響く鐘 今でもあの場所へ導くなら

闇を裂いて 想いよ届け 面影まで消え行くなら
君のもとへ 想いよ届け 無限に連なっていく螺旋の果てに

それでも止まない声が背中押した
痛みは増すほど強さに変わった


ミニ情報
アルバム「Design」収録曲
Angeloの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
Angelo「螺旋」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ