BAND GIRL'S SPIRAL DAYS Base Ball Bear 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

Base Ball Bear
公式サイト
BAND GIRL'S SPIRAL DAYS  ♪  Base Ball Bear
作詞 : 小出祐介
作曲 : 小出祐介

また弦を切ったあの子が寂しそうな顔して 始まった夏は蒼 音楽室は空っぽで
波立ってるカーテン抜けて 龍の巣まで行けそうな気分

ステッカー張りまくって飽きた このギター弾き殺したい アゴタ・クリストフ閉じて 夢現つの電車で
ギターケースが十字架みたい 背負って帰る 住宅街

バンド組んだ彼女の憂鬱が この都市を染め上げていく
“ただ哀しみが弾けただけ 心が弾け跳んだだけ”

何もかもが嫌いになってしまう どうか時間を止めないで 絶対

世界の終わりには 紅茶飲めないから サイダー飲んで 過ごしたい

バンド組んだ彼女の憂鬱が この都市を染め上げていく
バンド組んだ彼女の季節が この都市を彩っていく
“ただ哀しみが弾けただけ 心が弾け跳んだだけ”

(SPIRAL)また弦を切ったあの子が寂しそうな顔して 始まった夏は蒼 音楽室は空っぽで 涙ってる…


ミニ情報
アルバム「CYPRESS GIRLS」収録曲
Base Ball Bearの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
Base Ball Bear「BAND GIRL'S SPIRAL DAYS」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ