戦争を知らない僕らの戦争 - 中村中の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

戦争を知らない僕らの戦争-中村中
Jword 中村中
公式サイト
戦争を知らない僕らの戦争  ♪  中村中
作詞 : 中村中
作曲 : 中村中

悪いな、俺は足をやられてる そうかい、おいらは両目をやられた
先に行くんだ 遠くに逃げろと 諦める奴はいなかったけれど
ごめん、私は喉をやられてる このまま死のうと言えなかっただけ

歴史の教科書の半分が叫び声をあげてる
もう半分は落書きされて僕を嘲笑ってる
先生、ミサイルの話なら僕に降り続けてる
消しゴムや紙くずをとめてよ また見て見ぬふりだね
振り向いた時 目につく奴に そら、チョークが飛んでくる

生き延びる術なら惜しまないケモノに比べたらば
傷つける事すらおそれない僕たちはネズミだね
携帯電話にかじりついて 互いを監視してる
よそ見すると噛み殺されるぞ だから目を逸らせない
また次の策、また次の策、あぁ、前歯がかゆくなる

ある朝、柏木の机から給食費 盗まれた
結婚したての女教師 ヒステリックな声で
のろまな僕には席がなくて 恰好の餌食だね
僕の席は教室の外で 足がひん曲がってる
犯人探し終えた放課後 次のゲームが始まる

悪いな、俺は足をやられてる そうかい、おいらは両目をやられた
先に行くんだ 遠くに逃げろと 諦める奴はいなかったけれど
ごめん、私は喉をやられてる このまま死のうと言えなかっただけ

散り始めた桜を横目に 解放の時が来た
卒業の歌を歌いながら 柄にもなく泣いた
母なる大地よ 全てが忘られてゆくならば
母なる大地よ 傷跡はなぜそこに在りますか
学び舎の校門 くぐればそこは おかまいなしの春です

ため息つけば 歴史の教科書は 最後の頁をめくる


ミニ情報
アルバム「少年少女」収録曲
中村中の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
散らない花物語
木の芽時
その日暮らし
閃光花火
クヌギの実
逢いびきの夜
晦日
ここにいるよ
暗室
死ぬなよ、友よ
戦争を知らない僕らの戦争/中村中の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ