ブランコからおりて nangi 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

nangi
公式サイト
ブランコからおりて  ♪  nangi
作詞 : nangi
作曲 : nangi

ブランコの上で足が地面に届かないな。
おもいっきりこいだけど、あの空にも届かないな。

どっちにも行けないことを誰かのせいにして逃げたって、
変わるものなど何もないや。

ここには私が描いた世界が確かにあったのに。
あの空に憧れてしまった。色褪せてしまった。大切な日常。
そして、どこにも行けない私は宙吊りの夢から覚めないまま。

カラフルな色したベンチ、よく見れば古びている。
まるで今の私をそのまま映したみたい。

あっちにはキレイな青の新しいベンチが出来ていた。
憧ればかり追いかけてる。

ここには私のこの手で必死につかんだ今がある
ふと思い出してみたら辛くって、こんなにも愛しかった。ちっぽけなプライド。
そして迷いを飛ばした私は、ブランコからおりて前を向いた。

ここには私が描いた世界が確かにあるはずで…。
ふと思い出してみたら辛くって、こんなにも愛しかった。ちっぽけなプライド。
そして迷いを飛ばした私は、ブランコからおりて前を向いた。

そして、どこにも行けない私は宙吊りの夢から目覚めるのさ。


ミニ情報
アルバム「アイノカタチ。」収録曲
nangiの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
nangi「ブランコからおりて」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ