アネモネ 安藤裕子 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

安藤裕子
公式サイト
アネモネ  ♪  安藤裕子
作詞 : 安藤裕子
作曲 : 安藤裕子

拙い言葉で私を包んで
あの窓辺のアネモネが咲く頃までは
行かないでいて 花を見届けて
あのアネモネが子供に還り駆けてく

ほら 見て 花びらが散るように堕ちてく
そう あの娘は生まれる前の姿に

今始まるから 鬨の声がして
あの娘がもうすぐ首を落とすだろう
「サヨナラ」はいいよ
追いかけたくなる
それより黙って姿を消してくれれば

ほら 今 棚引くように揺れる黒髪
そう あの娘は生まれる前の姿に

目覚めぬ内に わかるなら消えて
届かぬ腕など 伸ばさずに行って

ほら 見て 花びらが散るように堕ちてく
そう あの娘は生まれる前の姿に
ほら 今 棚引くように濡れる黒髪
そう あの娘は生まれる前の姿で

今始まるのよ 鬨の声がする
今すぐ黙って姿を消してくれればいい


ミニ情報
アルバム「JAPANESE POP」収録曲
安藤裕子の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
安藤裕子「アネモネ」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ