陽のあたる場所 SHAKALABBITS 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

陽のあたる場所  ♪  SHAKALABBITS
作詞 : UKI
作曲 : MAH

陽のあたる場所で歌を嫌ったら
悲しみに暮れて 幻を見た
目のくらむトビラ 引き返すような道もない
いつかの私は 唯一の鍵を飲み込んでいた

ふれあうたび救われて 気まぐれな今を越える
どれだけ閉じ込めたって 捨てられるはずもないのにな

世界中の真夜中を纏った男が
月の音を聞きながら 苦しそうに笑う
宝物は古いボトル 宇宙の色
覗き込んだ底に 未だ希望が張り付いていた

ふれあうたび救われて ありのままに溶かしてくれる
太陽がひねくれたって構わないよ 見上げていれば巡るから

陽のあたる場所で歌を嫌ったら
悲しみに暮れて かけがえのない音が鳴り響いてた

ふれあうたび救われて 気まぐれな今を越える
どれだけ閉じ込めたって 捨てられるはずもないのに
信じてるんだいつだって 目の前に溢れる景色を忘れない
握りしめて 感じたままに伝えるんだ


ミニ情報
アルバム「Phasemeter Trippin' Bug Shake」収録曲
SHAKALABBITSの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
SHAKALABBITS「陽のあたる場所」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ