ソーダ味のKiss JURIAN BEAT CRISIS 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

ソーダ味のKiss  ♪  JURIAN BEAT CRISIS
作詞 : 渡瀬マキ
作曲 : 土橋安騎夫

ソーダ味の唇が熱くて
君の顔を真っすぐ見れない

非常階段で 隠れてキスした
少しだけ足が震えてた
食べてたキャンディー 落ちそうになって
ほっぺが赤くなるのがわかった

ホントはみんなみたいに
アタシそんなに軽くない

ソーダ味の唇が熱くて
君の顔を真っすぐ見れない

無口な空気を 君は壊すように
アタシの手引いて歩き出す
体育館の窓 反射した夕陽
ねえ君がすごくすごく好きだよ

言葉は嘘っぽいから
この手は離さないでね

ソーダ味の唇が熱くて
君の顔を真っすぐ見れない
初めてだよ泣きそうなくらいに
誰かのこと愛しいと思ったの

君とだったら何も恐くないよ
暮れてく空ずっと一緒にいたい
知らなかったよ想いが溢れると
胸の奥が苦しくなるんだね

ソーダ味の唇が熱くて
君の顔を真っすぐ見れない
初めてだよ泣きそうなくらいに
誰かのこと愛しいと思ったの


ミニ情報
アルバム「JURIAN BEAT CRISIS」収録曲
JURIAN BEAT CRISISの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
JURIAN BEAT CRISIS「ソーダ味のKiss」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ