秘密の宝物 奥華子 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

奥華子
公式サイト
秘密の宝物  ♪  奥華子
作詞 : 奥華子
作曲 : 奥華子

左手でペンを持つ姿に 胸が熱くなったのは去年の今頃
不意に触れたあなたの腕に どこまでも着いて行きたくなった

二人きりになれば気付かれそうで わざと可愛くない事言ってしまうよ

指先触れる手前で あたしを止めて 止めて…

ただ好きでいるだけじゃ駄目なのかな
ただ会いたいだけじゃ駄目なのかな
あなたの気持ちを知りたいけど いつもどおりあたしをからかっていて

あなたに貸したノートの隅に ふざけて書いた落書き見つけた
何でもない事分かってるけど その日から宝物になったよ

もしも今あなたに思い伝えたら 冗談だと言ってすぐに誤魔化すよ
傷つくことが怖くてどこにも行けない 行けない…

ただ好きと言えたならどうなるかな
ただ傍にいるだけじゃ駄目なのかな
あなたの気持ちが分からなくて もう少しこのままの二人がいい

誰よりもあなたに近付きたい できれば同じ気持ちでいて欲しいけど
ただ好きでいるだけじゃ駄目なのかな ただ会いたいだけじゃ駄目なのかな
あなたはやっぱり大事すぎて もう少しこのままの二人がいい


ミニ情報
アルバム「うたかた」収録曲
アルバム「奥華子BEST -My Letters-」収録曲
奥華子の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
奥華子「秘密の宝物」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ