Twilight Moody Blues 角松敏生 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

角松敏生
公式サイト
Twilight Moody Blues  ♪  角松敏生
作詞 : TOSHIKI KADOMATSU
作曲 : TOSHIKI KADOMATSU

まだ早い宵の口
街明かり灯れば
いつもの場所
一人きりで飲ってるよ
今日も来ないだろう
解っちゃいるんだ

ガラス越しに流れる
人波を眺めて
失くしたもの
それがどんなものなのか
思い浮かべては
また飲み込んでた

忘れられない事ならば
海にでも放り投げれば
もういいかい?

そろそろ出て行こうか
あの扉を開けて
振り向いたら
ふと何故だか
波音が聴こえてきたけど
空耳だろうね


ミニ情報
アルバム「Citylights Dandy」収録曲
角松敏生の新着歌詞を見る⇒
角松敏生の人気歌詞を見る⇒
角松敏生「Twilight Moody Blues」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
この歌詞をスマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ