路傍の花 TOKIO 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

TOKIO
公式サイト
路傍の花  ♪  TOKIO
作詞 : HIKARI
作曲 : HIKARI

誰のためでもなく 凛と背を伸ばして
ただ息を潜めるように
路傍に佇む花 そんな風に僕は
生きようと思ったんだ

風の強さを知り バランスも覚えて
でも思うようには行かない
夕暮れの帰り道 小さな生命が
僕に教えてくれた

ずっとこのままでいいって

雨に打たれても 風に吹かれても
花はまたそれぞれに咲いてゆく
僕らも同じさ その時を待てばいい
それぞれに輝ける日を
絶え間なく回り続ける、
有り体な世界の隅で

沢山の仲間と分かち合う時を
ただ笑い合えた時を
そして僕の生きた証を誰かに
伝えられる日を

いつも胸に抱いて

例え小さな花だとしても
鮮やかにそれぞれの色をたたえて
自然に花開く その時を待てばいい
それぞれの空見上げて
特別な魔法はいらない、
何もかも僕のままで

美しく見える誰かの生き方を無闇に
羨む意味なんてきっとないが
流した涙もいつか僕の命を潤すなら
時には泣いたっていいかな (…いいさ)

希望のフレーズは 溢れてるけど
ただひとつ自分の歌があればいい
僕らの全てが 新しい歌になる
それぞれの物語に

雨に打たれても 風に吹かれても
花はまたそれぞれの場所を探してく
何処に隠れても 太陽は昇り
それぞれの日々を照らすから
おやすみ僕の中の花、
いつか君に会える日まで
光浴び笑う、その日まで


ミニ情報
アルバム「HEART」収録曲
TOKIOの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
TOKIO「路傍の花」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ