青春の木洩れ陽 ノースリーブス 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

ノースリーブス
公式サイト
青春の木洩れ陽  ♪  ノースリーブス
作詞 : 秋元康
作曲 : 白戸佑輔

いつもの坂道まで
ゆっくり歩いたのに
未来を話すには
まだ全然 時間が足りない

ひまわりが手を振ってる
風はどこへと吹くのだろう
これから2人は別々の街で
新しい生き方を探す

青春は夏の木洩れ陽
ほんの一瞬 眩しいもの
愛しさに手を翳して
心の空を見失う
いつかは(僕らはここに戻って)
笑って思い出そうね

サヨナラ 乗せたバスが
カーブを曲がって来るよ
話の途中なのに
クラクションに急かされるみたいで…

君の目がうるうるしている
愛が溢れてしまいそうさ
お互いの夢を叶えるために
希望の扉を開こう

約束の木々が揺れてる
僕のすべてがここにある
切なさと淋しさが
記憶の土の目印だ
それまで(僕らは離れていても)
思いは変わらないよね

青春は夏の木洩れ陽
ほんの一瞬 眩しいもの
愛しさに手を翳して
心の空を見失う

約束の木々が揺れてる
僕のすべてがここにある
切なさと淋しさが
記憶の土の目印だ
それまで(僕らは離れていても)
思いは変わらないよね


ノースリーブスの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
ノースリーブス「青春の木洩れ陽」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ